c0051457_22433597.jpg
そもそものきっかけは、昨年5月に河出書房から新装刊行された中上健次のムック、そこに掲載されていた中上と村上龍と柄谷行人の対談だった。語られていることは現在にも地続きと感じて、この人が今何を考えているのか知りたいと思った。震災後、ということが大いに関係していたと思う。色々な情報が氾濫するなかで、いままで色んなことに無関心すぎた私はどのように考えていくべきかわからないでいた。

読んだ本は以下。(読んだ順)
柄谷公人中上健次全対話(講談社文芸文庫)
闘争のエチカ(河出文庫) 蓮實 重彦との対話;再読
柄谷行人 政治を語る (図書新聞)
世界史の構造 (岩波書店)
「世界史の構造」を読む (インスクリプト)

柄谷氏の著作は難解なため、対話などの読みやすいものから追っていったところ、これがとてもよかった。特に「政治を語る」を読んでから「世界史の構造」に入ると、あらかじめ考え方の骨子がわかっているので、とてもわかりやすい。初心者にはおすすめです(笑)。

内容は「交換様式」から世界史の構造を捉えなおす、というもの。
A:互酬(贈与と返礼)
B:略奪と再分配(支配と保護)
C:商品交換(貨幣と商品)
D: X (Aの高次での回復)
この4つの分類について「政治を語る」から「世界史の構造を読む」の3冊において繰り返し語られる。基本的にAからDの順で主流の交換様式は移り変わってきているが、どの時代においても他の要素もある。今の先進国の主流はCだけど、AやBも残っている。Aはご近所様的な共同体とBは国家による福祉政策などを示す。かつてのソ連などの社会主義は国家による強制再分配であるからB、ということになる。

読んでみて、マクロ的に世界のありようが見えたのみならず、自分の将来に対する漠とした不安も解けた気がした。不安、というのは曖昧模糊としているから不安なのであって、どういうことなのか構造的に把握できれば、心構えとかどう考えるべきかの視点が定まる。焦点が合う、という感じ。この本の考え方が全て正しいかどうかはわからないけど、震災から1年、ここを立ち位置として生活も仕事も原発のことも考えていけるような、そういうものにやっと出会えたという清々しい感じがしている。柄谷氏の「日本近代文学の起源」も学生時代の私にとってエポックな本だった。やはりこの人は私のマイルストーンだ。

Cは終焉に近づきつつあって、最後のあがきとして戦争が起こる可能性は高い、と柄谷氏はいう。Cに代わるものとして、D(X)がある。Dとは何か、Aの互酬の高次の回復であるという。いわゆる社会主義はDを志向していたが、結局Bだった。DはCを通過しないと実現されない。Dとは何か。たとえば宗教とか共同組合とかそういうものが近い。

Dについて、たまたまこれらの本を読んでいる間に読んだ本が思い当たった。本当に偶然。だけど本が本を呼ぶ。近いうちにその本について書きます。



[PR]
c0051457_0204296.jpg


笑顔。誕生日おめでとう!


2011/10/30 Sun
J.A.M. @ alfie Roppongi

[PR]
スペインからの帰路、バルセロナ~ヘルシンキ間のフライトで
隣になったフィンランド人らしき人に「このあと、日本へ行くの?」と
英語で声をかけられました。イエス、と答えると
「日本に5回行ったことがあって、日本ではレコードを買ったりしている。」と
やおらいいだしたので、「レコードぉ~!?」とすっかり盛り上がってしまいました。

どこのレコード屋に行くかとか(京都のJET SET、渋谷のFACEレコードなど
がお気に入りで渋谷や新宿のユニオンにも行くとのこと)、どんなジャンルが
好きかという話になるとなんと「70年代の日本のディスコミュージック」が好きとのことw
あまりの玄人っぽさに「仕事なの?」と聞いてみたら、なんとプロのDJでした。
今はディスコミュージック専門だそう。特に日本の。
っつーかそんなこといわれても日本のディスコミュージックなんて
全く思い浮かばず…。アメリカは政治的に好きじゃないので、あまり音楽も聴かないそう。
(ベジタリアンメニュー食べてたし。。。)
ピチカートファイブとかも知ってました。ドクタードラゴンとかほかにも
色々言っていたけど、全然わからず…。ドーナツ盤は300ユーロ位するそうです。
恐るべし、日本マニア。
バルセロナのクラブで午前2~8時までDJをして10時の飛行機に乗ったそう。
そのJUSSIさんからバルセロナのイケているレコード屋を教えてもらいました。

■discos paradiso
http://www.discosparadiso.com/inicio
http://barcelona.unlike.net/locations/307259-Discos-Paradiso

■wah wah records
http://www.wah-wahsupersonic.com

二つとも有名なサンジュセップ市場裏手のラバル地区にあり、渋谷みたいな
ところだそうです。今回バルセロナでは2日しかなく、サンジュセップ市場には行きましたが、
そっちまでは足をのばせませんでした。

で、検索していたらこんなサイトも…。バルセロナもレコード屋いっぱいあるんですね~。

■バルセロナのレコードショップリスト
http://rateyourmusic.com/list/Analog_Loyalist/record_stores_in_barcelona

今回2日歩いた範囲ではレコード屋は見当たらず、蚤の市でちょっと見たくらいでした。
また行きたいわぁと思いつつ、レコード屋めぐりなんてことになったら、
東京にいるのと変わりませんw どっちにしてもバルセロナは2日じゃ足りなかったから、
また行きたいなぁ。

てことで、JUSSIさん
http://overfitted.ddcr.biz/?author=58 
ご本人のサイトTOPページのレコードは見せてもらいましたW
http://www.jussikantonen.com/frontpage

なお、日本は高松のレコード屋とクラブがアツいそうです。
まあ、こういうシングル探すなら納得、という気も…。高松行ってみたいですね。

で、唯一覚えていたドクタードラゴンについてtwitterで聞いてみたところ
即座に「筒美京平の変名ディスコプロジェクト」というお答えをいただきました!
Twitterもすごい。浅野ゆう子の「セクシーバスストップ」辺りだそうです。
こんなサイトも教えてもらい…。
今日の音楽第398回(Dr.ドラゴン&オリエンタル・エクスプレス)

またしても書いているのは外国の方。
自分も含め、日本人の音楽好きは外国偏重になりがちで日本のものは全然知らなかったりするんだよなぁ、改めてと思いました。
日本のことを掘り下げるのもいいのかもね…日本も手を出したらえらいことになりそうだけど。

まあ、とにかくまたバルセロナには行きたいな~。


2011/07/12~19
Spain
Malaga,Sevillia,Granada,Barcelona

[PR]
c0051457_13514020.jpg

c0051457_13514042.jpg

無事帰国しました〜。またまたトキオ・ブルースです。バルセロナの普通の小さなスーパーで売っていた。カタルーニャ国際賞だもんね。日本の作品はこれだけでした。
[PR]

-

c0051457_8243873.jpg

マルメロ・ゼリーのかかった男性の乳首の形をしたチーズ 5.50ユーロ
[PR]
# by jack-hours | 2011-07-17 08:24
c0051457_2161065.jpg

部屋からサグラダ・ファミリアが見えたりする。超工事中だけど。
[PR]
# by jack-hours | 2011-07-17 02:16
c0051457_5411861.jpg

[PR]
# by jack-hours | 2011-07-16 05:41
c0051457_6121773.jpg

満月とアルハンブラ宮殿
[PR]
# by jack-hours | 2011-07-15 06:12
c0051457_1454426.jpg

c0051457_1454482.jpg

c0051457_1454494.jpg

フラメンコの街はるで亜熱帯。冷たいガスパチョがおいしくて、トマトの酸味はこの気候ならではの滋養なんだなと思う。
[PR]
# by jack-hours | 2011-07-15 01:45
c0051457_075175.jpg

c0051457_075285.jpg

バルでタパスランチ。壁にかかっているのはハモンセラーノ。アルカサバからの眺め。
[PR]
# by jack-hours | 2011-07-14 00:07
←menu