カテゴリ:run/走ること( 35 )

ここ何週間の寒い週末からうって変わって快晴の土曜。
赤羽ハーフマラソンを走ってきました。
第1回の割にはかなりの人数規模で、ここ数年のマラソンブームを感じ。

c0051457_23314978.jpg


何度も書いてますが2年半ぶりのハーフマラソンてことで、
申し込んでから週末は10km、15km、18kmと少しずつ距離を
伸ばす走りこみを(少ないながらも)一応やって参戦。
先週の18km走は結構ヘロヘロでしたが笑。

ちょうど9年前、走り始めてから1年弱で初めて走った
横田のハーフマラソンが2時間23分くらいだったので、できれば
それを超えたくないな、と思いながらスタートに。
ベストを着るか迷ったけど、日差しがしっかりあるので
思い切ってやめてみたら正解でした。走り始めたら結構暑くて。
無理せず(ていうか、できない)、でもだらっとしないように
もくもくと距離を積む感じ。なんかスタート直後から足裏がずっと痺れているような
感じでちょっと不安だったけど、翌日がライブだったので
そのことを考えて気をそらしたり笑。折り返して17kmくらいかな~
しんどいけどやっぱいいな、と思ったりしてね。
ゴール前がぬかるんでいてラストスパートできなかったのが残念だったけど、
(むしろ時間をロスした)無事ゴール。以下ラップ。

ロスタイム  2’32”
5km 34’50” (32’18”)
10km 1h07’33” (32’27”)
15km 1h40’58” (33’25”)
20km 2h15’04” (34’06”)
Finish 2h22’42” ( 6’38”)

ということで、じりじりラップを落としながらもなんとか2時間23分は切りました笑。
今の自分としてはまずまずなんじゃ!?
超苦しかった、という感じでもなかったし一応走りこんだ
甲斐があったというものです。

で、うろ覚えだった初ハーフのタイムは実際どのくらいだったんだっけ?
と家に帰ってから見てみたら、2時間23分40秒!
ベストタイムは2004年に出した1時間59分7秒なんですけどね、一応。
9年たって戻ってきて笑、結局58秒。進歩なのか退化なのか。
進歩があったようななかったよなこの9年間をまさに象徴している感じ。

でもやっぱり走るっていいな、とそれはずっと変わらない。
大した進歩がなくても、これからもずっと走るんだろうなと思います。
ハーフも半年に1度くらいは走っておきたいね、やっぱり。

翌日は筋肉痛のままスタンディングのライブ3時間コース。
こういうとこも変わんない。ほんとに進歩しないよ笑。
まあ、マラソンでつけた体力のおかげ、ということで。


2010.2.20(Sat)
赤羽ハーフマラソン

[PR]
案の定、年明けから結構モーレツに仕事してます。。。まあ、昔ほどじゃないけど。
その上ライブだ病院だと、師走よりもよっぽど忙しい1月。

ところが、ここへきてこの1年サボったツケがまわってきたのか、
正月明けから、体内地殻変動が。。。。
なんか座っているとウエストに肉がのってキモチ悪い(笑)。

思えば、今年の3月で走り始めて丸10年なんですよ。
その時走り始めた理由は、このまま年を重ねていくことへの
漠然とした危機感だったのだけど、確かにこの10年はいろんな意味で
走ることによってアイデンティファイされてきたものなんですよね、わたしにとって。

ちょうど10年の節目にその危機感が再び蘇ってきて。
これも何かの巡り合わせ、っていうかたぶん年代が大きく変わる手前の数年って
そういうことに敏感になるんだとは思うんだけど。

ということで、年末に書いた「どうもそんな感じじゃない」を撤回して
申し込みました、2月20日 赤羽ハーフマラソン。
実に2年半ぶりのハーフマラソンです。
ここ半年くらい5kmくらいの距離しか走っていないのに大丈夫だろうか。
あと1か月なんですけど。

ま、とにかくこれからぼちぼち走りこみます。行く末を見守ってください笑。
やっぱ走らんと、ですね。

[PR]
2009年もあと24時間を切ってしまいました。早いですね。

今年は残念なことに、「走らなかった」1年になってしまいました。
大会もなんと、昨年に引き続き出場した7月の「24時間リレーマラソン」一本のみ。
レポートもなんやかんやでサボってしまったのですが、
でも楽しかったですよ~。今年は涼しくて、走りやすかった。

来年は復活したい、と思いながらもどうもそんな感じじゃありません。
なんでかはよくわからないけど。
でも私にとって走ることはライフワークなので、
完全にやめる、ということはないし(今も週末は走ってます)、
そういうときがきたらまたフルマラソンを走ったりすると思ってます。
まあ、のんびり行きますよ。

そのかわりに盛り上がっているのは音楽モード。
ほんとうにここ何年かのローウェーブから復活している感じ。
そういう自分のサイクルを見ていて、だからあまり心配してないのかも笑。

なんかこのくらいの歳になってくると、「自分てこうだよな」みたいなことを
分かり切っていた気がしていたのですが、いろいろ自分で自分に裏切られたような
気持ちの年の瀬です。そしてそれはそれでなかなか悪くない。(←村上春樹風)。
来年はもっともっと裏切っていきたいですね。
そんな一年になると思ってます。

ではでは、皆様よいお年を。
来年もよろしくお願いしますね~。

[PR]
引っ越してから、地図をながめては「近いんだろうな~」と思っていた
会社→自宅の帰宅ランを先週決行してみました。

もとは先々週、会社のラン仲間と皇居へ走りに行く予定で
張り切って用意をしてきたのに、夕方になって突然問い合わせやらの嵐で
仕事が立て込んでしまい、断念。
せっかく持ってきた準備がもったいなくて、これは帰宅ランしかない!と
機会をうかがっていたわけ。

会社のロッカーで下半身だけ着替えて、そそくさとフロアを脱出。
(よく見るとかなり珍妙なスタイルだったと思うのだけど、
上半身が普通だと一瞬気がつかないもので。)
一階のトイレで上半身を着替えて、いざ出発。

と、吉永さんから「ご飯しない?」とメールが。すかさず「帰宅ラン中」と返すと、
「じゃ進路変えて六本木の某ファミレスでは」ということになり
汗だくでもいいということなので笑、余裕見て1時間後位に、とメールして再度出発。

かなり蒸し暑いなか、首都高に沿って走り、道中同じく帰宅ランらしい人と
デッドヒートを繰り広げ(←嘘です)、なんと30分ちょっとで自宅近くに着いてしまいました!
近い近いとは思っていたが、ほんとに近かった。。。通勤時間より近いかも。
まだ約束の1時間後にはだいぶ時間があったので、余計な荷物を置いて
着替えを取って再度出発。きっかり1時間後に待ち合わせの某ファミレスに到着。
遅れた吉永さん待ちの間に、軽く着替えて、そのあとは二人でがっつり食べましたとさ~。
吉永さん例のチケットありがとでした。


会社脱出という鬼門はありますが笑、またそのうちやろうっと。

[PR]
ご無沙汰しているうちにずいぶん春めいてきましたねー。
2月に無事引っ越しましたが、まだ地に足がついていないというか
心のゆとりのない生活を送っている感じで、日記も書けず。

週末ごとに家具の配置をああしたり、こうしたりして
なんだかいっぱいいいっぱいで、走ったのも1回だけ(汗)。
でも都心なだけあって、走りどころ満載な感じ。
そういえば今日は東京マラソンだったんだよね。

桜が咲くころには、復活しなくちゃ。

[PR]
ぶどう郷マラソンから2週あけて、本日の横浜マラソン10k。
今の会社の人たちと初めてのレース。
今まで何回か声をかけてもらっていたのですが、
予定があわなかったりで、今回ようやく初参加できました。

山梨のぶどう郷からわずか2週間、しかも横浜なのに
ぶどう郷と比べてかなり寒い。さすが11月というべきか、すっかり冬の気配。
寒いね~と連発しながら、曇り空の下をスタート。

ぶどう郷では坂ですっかりへたれてしまったので、
フラットな今日のレースはもうちょっとしっかり走りたい、
できれば60分を切れたらいいな~と、根拠なく思いながらスタート笑。

スタートラインまで2分半以上のロスがあったものの
なんとか6分強くらいのラップで走っているうちに折り返しの対面が始まる。
一緒に参加したメンバーの他に、yasuさんが参加していたり、他にも誰か走ってそうな予感で、
走ることから意識をそらすためにも目を皿のようにして走る。
と、まず前会社のS君が!かなり上位。「Sく~ん」とすれ違いざま声をかけると
「ああっ、Mさん!」とびっくりした様子。そりゃそうね。
少しすると今度はyasuさん発見!またしても「yasuさ~ん」と声をかける。
ちょっときつそうな雰囲気だったけど、手を挙げてくれた。
そして、わが社の若手、Rくんも。そのあとは誰も見つからず。。。

折り返してしまうと対面の楽しみもなくなり、あとはひたすらラップを刻むだけ。
なんとかさほどラップは落ちず、6分強を維持してゴール。
残念ながら、ロスタイムを抜いても60分は切れなかったけど、
練習量を考えればまあまあでしょう。

ランの後は中華街でランチをして、豚まんなんぞを歩きながらほおばって
帰りの東横線では爆睡。お疲れ様でした~!
これにて年内レースは終了。2月の青梅が中止になったので
ついにハーフ以上のレースは走らなかった。。。汗。来年はハーフ復活します。

2008/11/9 (Sun)
横浜マラソン

さて、今週は第4回を迎えた読書会、そして多和田葉子の朗読会と
文芸ウィークです。これもまた楽しみだな。

[PR]
秋のレースはへたれ気味に10Kが2本。
その1発目は久しぶりに猛走会にて参加の「甲州勝沼ぶどう郷マラソン」。
このレースは初めてであります。
新宿発7時02分の貸し切り団体列車にのって、8時半に勝沼ぶどう郷駅へ到着。

なんでも本に結び付けるのはどうかと思いながらもc0051457_2332769.jpg
南條竹則の酒をめぐるファンタジー教養小説「酒仙」(新潮文庫)にて
聖杯のありかとされるのがこの甲州勝沼であります(笑)。
勝沼ぶどう郷駅を出ると目前に開ける山間に
小説では「うわあ、桃源郷だ」と思わず主人公どぶ六が叫ぶような
ファンタジー感を感じながらも、バスに乗って会場に向かうところどころの
ぶどう園は桃源郷というよりは、ザ・にっぽんの農家、という感じ。

会場には大々的に地ワイン販売のテントが連なり、
参加賞もワイン、走り終わるとぶどうサービスとまさにぶどうづくし。

レースは5kmまでが激しい上り。坂は嫌いではないけれど、
最近のへたれ走力で、残念ながらも歩きが入ってしまう。
気合で走ろうとするも胃液がこみあげ、、、、へたれです、ハイ。
で、5kmすぎると急勾配の下り。それから2kmくらいだらだらと下る。
ここで、なんか終わったような気分になるのだけど、
まだ3km残っていて、これが終わったような気分のあとなだけに長い。。。
とはいえ、所詮10kmなのでまあゴールしました笑。
タイムは聞かないでください。。。。

レース後は参加者にはもれなくついてくるお弁当を食し、
そのままワイン酒宴に突入。そんな団体があちらこちらに。。。
ワイン酒宴は帰りの電車でも続き、新宿駅に着く頃には窓際に何本もの
ワイン瓶が、、、、。ま、わたしはほとんど寝てましたケド。
ワイン好きの方にはたまらないレースでしょう~~。

c0051457_23334132.jpg


2008/10/26 (Sun)
甲州市勝沼ぶどう郷マラソン

しかし、来年はハーフには復活しないとだな~~。

[PR]
というわけで、走ってきました。24時間リレーマラソン。
要するにチームで24時間リレーし続けて走った距離を競うというもの。
(もちろん本気で競っているのは上位10チーム?くらいですが)
しかしそんな物好きなチームがなんと250もあって、仮装やら、若い人も多い。

9人(男7、女2)+ヘルプランナー女3人のチームで、多少の出入りもあり
結局私が走ったのは1.6km×13週の20.8km。2時間10分くらいだから
だいたいハーフマラソンくらいなのですが。
1.6kmの周回コースは走り始めるといきなりだらだら上り坂で
そんなにすごい坂というわけではないのだけど、何回も走っていると
じわじわと足にくる。。。。というわけで現在すでにがっつり筋肉痛です。若いな!

今回参加させていただいたチームがもう6年くらい連続参加している
ベテランチームだったこともあり、準備も作戦もかなり綿密で想像していたよりも
しんどくなくて、楽しかったです~。ま、初日の日が沈むまでが
暑くて、足にはクるし、これでまだ1/3とはどうなることかと思ったけど、
日が暮れてからは意外に早かった! 以下24時間どんなだったか備忘録。
暇で興味のあるかたはどうぞ(笑)。

10:00~15:00  4周 6.4km
 まずは暑さによる消耗を防ぐため一人1周で5時間。
 9人+ヘルプや買出しなど出入りがあって、だいたい1時間強に
 1回まわってくる。走り終わるとテントで休んで、順番が近くなるとトラックにでる。
 1.6kmを大体9分半くらいで走っていたのだけど、それだけなのに走り終わると
 500mlのペットボトルを飲み干してしまうくらい暑い!
 じわじわと足がこわばってきて、坂がきつくなってくる。。。。

15:00~16:30  3周 4.8km
 ここからは3人のグループに分けて1時間半ずつ。私は最初のグループ(男2、女1)で
 まだ日差しも強い中、たたみかけるように30分に1本のペースで走る。テントには戻らず
 走る→スコア付け→走るの繰り返し。3周目になるともう足はガクガクで
 坂で足が止まる。。。タイムは10分超え。
 え~と、まだこれで1/3?と気が遠くなってくる。。。。
 実際はローテーション先頭のチームだったこともあって、
 ここで半分の距離を走っていたのだけどね。

16:30~19:30  休憩
 2、3番目のグループが回している間に休憩。シャワーを浴び、夕飯のうどんなどを
 食べる。そうこうしているうちに日が暮れて涼しくなってくる。

19:30~22:00  3周 4.8km
 2時間半の長丁場に前の1時間半のハードさを思い出して、ディープな気分になったところに
 ヘルプランナー(女)が入り4人に。これがそうとう楽だったとあとで実感。
 テントをでるともう真っ暗で、いよいよ24時間マラソンな感じ。。。
 涼しくなったので男性ランナーは3周、女性ランナーは2周。ゆっくり目に入ったはいいが、
 1周目の1kmあたりからなぜか腹痛。。。2週目に入ると猛烈になってきて
 時々歩きを入れてしのぐ。結局1周目10分半、2週目は11分半。。。。
 タスキを渡すとトイレに直行して事なきを得ました。。。(すみません!)
 で、4人回したところで、スタートが結局19:45くらいだったこともあり、あと55分くらい!
 じゃあ、男2周、女1周でまわるね、ということになり、男1周を足してあっさり長丁場が終了。
 なんか楽しむ余裕がでてきたかも。。。

22:00~03:00  休憩(仮眠)
 2,3番目グループのローテの間、長休憩。再びシャワー。バナナやベーグルなどを食べて小腹を
 満たしてから仮眠。だけど神経が高ぶっているのかあまり眠れず、次のグループが戻ってくるころ
 ようやくウトウト。。。話には聞いていたけど結構寒い。トレーナーを着込んでバスタオルをかける。

03:00~04:30  2周 3.2km
 当たり前ですが、こんな時間に走るのは人生初。。。トレーナーの上にウィンブレを着てトラックへ。
 同じグループのひといわく、身体が寝ていて普通に走っているつもりでも
 タイムが落ちて一番キツい時間らしい。。。
 が、5時間の間に足が回復していたようで、思ったより坂が楽。
 元々が遅いとあまり関係ないのね笑、と思いつつ、2回目の1周は走っているうちに明るくなってきて
 再びぎりぎり10分を切る。男1→女1×2→男3→女1×2→男2で終了。

04:30~07:30  休憩(仮眠)
 テントにもどると急激に眠気が襲ってきて、食糧補給もそこそこに即寝。
 明るくなってきたのにさっきよりも熟睡。

07:30~10:00 1周 1.6km
 熟睡のあとはかなり体がこわばっていて再び不安に。。。もうすでにピーカン。
 ゼリー飲料と主催コニカミノルタの選手が配給してくれたおにぎり、豚汁を食べて
 トラックへ。なんと最初にリーダーが4周かせいでくださり、もうあと2時間を切る。
 男1→女1→男1×2→女1→男1×3→ラスト男2 で24時間終了!!やったー。
 もうすでに筋肉痛の気配、そしてピーカンで30度くらいにはなっているのに
 最後の1周は9分半に回復。やっぱり人間の体は昼に活動するようにできているのね~、と思う。

24時間やってみた結果、すごい楽しかった!!
たぶん人数や準備が不足するとすっごいハードなんだろうけど、
(チームは最低9人が必要なのだけど、諸事情で2時間半を二人で回す、
とかいうことも過去にはあって地獄だったそうです笑)その点至れり尽くせりでチームの皆様に感謝です。
例年、夕立ちがあったり極端に寒かったりすることもあるみたいで
今年は天気も今までで一番安定していた、ということも日ごろの行いの賜物ですね~。
事前に連絡をもらって着替えを大量に持っていったのだけど
(富士山の教訓で今回はスポブラもあるだけ4枚)、ほぼフル稼働でした。
毎年参加というのも納得、また参加したいです~。

7.20(sat)~21(sun)
24時間リレーマラソン in 富士北麗公園

[PR]
c0051457_937498.jpg

夜も明け、いよいよあと30分です!
[PR]
c0051457_3122541.jpg

こんな時間にも走る物好きな人たち…って自分もですが。3時からのセットが開始。
[PR]
←menu