<   2005年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


ああもう8月も終わってしまう。。。c0051457_23552211.jpg
8月前半は陸上の世界選手権を観ているうちに過ぎて(汗)。

14日の最終日、女子マラソンの原裕美子はなかなかすごかったな。
去年の全日本実業団女子駅伝、23歳なのに増田明美を彷佛させる
前時代女子マラソン的な(失礼)ルックスかつ凄い形相で
トップを無気味に猛追する姿はかなりのディープインパクトでありました。
今回のマラソンもなにか得体のしれない期待感を感じずにはいられず
密かに楽しみにしていたのだけど、いきなりラドクリフにぴったりついて
15km位までついていったのにはかなり力が入った。
そしてその後みるみる例の苦しい顔になり、ずるずる後退していったときは
もうダメかな、と思ったけど粘りに粘って日本人トップの6位。
暑くて、アップダウンのあるコース、上位の選手はほとんど自己ベストから
かけはなれたタイムだったけど、彼女だけは自己ベスト1秒差。
ゴール時のぐしゃぐしゃ顔もまたまたインパクトあったけど、感動したよ。
ますますこれから目がはなせないな。

ってことで、こっからは底辺市民ランナーのレース話ですが
7月10日に今年も行ってきました北軽井沢マラソン。
今回も去年とは比較にならない練習不足で臨んだのだけど
前日の土曜日は上着なしでは耐えられない涼しさ、というか寒さ。
このくらい涼しければ、猛暑の去年並みには走れるかなと思ったんだけど。
翌日はピーカン、でも去年よりは明らかに涼しい。

しかし、、、やはり慢性的練習不足に打つ手なし。
所詮人に見せるレベルではないのですが、覚え書きとして書いておこう。

5km 30'40"
10km 1:02'07" (31'27")
15km 1:36'33" (34'26")
20km 2:12'53" (36'19")
GOAL 2:20'23" ( 7'30")

約2ヶ月ぶりに自分で振り返ってもなんだこれ(笑)、ってタイムだな。
ちなみにアップダウンは軽井沢なんでけっこうあります、ってちょっと弁解。
原裕美子のようにはいかず、ずるずる落ちまくっております。
もちろん走っててもしんどかったわけなのですが、
(実際走っている時間も最近になく長いわけで、凄く長く感じた)
でもこの北軽井沢のコースは実はとても楽しい。
高原の山林部をアップダウンを繰り返しながら抜けると
中盤は畑の中を走る。牛舎があったり(臭うけど)、のどかな山並の景色は綺麗で。
で、また山林部に戻って登ったり下りたり、の変化に富んだコース。
走っていて飽きない感じ。アップダウンは私の友人ではNOVさんはじめ
嫌う人多いけど(笑)、わたしは「よし、登るぞ〜」「さあ、下り♪」と
気持ちが入るので好きなんだな。タイムを狙うときは別として。

今度はちゃんとトレーニングをして、堪能できる余裕を持って
また走りたいコースであります。暑い季節のレースとしてはなかなかの部類に
入るのではないかなー。近場のレースとか暑すぎて出る気しないし、
BEFORE & AFTERも楽しいしね!




『北軽井沢マラソン』
7/10(SUN) @北軽井沢グランド



夏のレースはこれ1本、で秋までお休みです。
相変わらず、いろいろ立て込んでて練習できてないけどこの秋こそは本格再始動(のつもり)。
そろそろNOVさんとのレースも選定しないとね。


[PR]

えーなんだかいっぱいいっぱいの毎日が続いておりまして、c0051457_1414724.jpg
7月10日の北軽井沢マラソンのことも更新できないままになっておりますが、
掲題の件、緊急事項につき!!(笑)

いや笑い事じゃないッスよ、かなり本気(マジ)っす。
そもそも吉永嬢(いやNOV彦?瞳?てか、なんて呼べばいいの〜)から、
杏里、hitomi、BOA、のベスト盤3点SETを貸していただいたのが
キッカケでありますが。なんでこの3人か、というと
もちろん吉永嬢のお薦めということにしても、偏に
「いままで聴いてみたいとも、聴きたくないとも思ったことのナイ
存在の耐えられる無関心さゆえの好奇心」につきるわけで(笑)。

で、聴いてみたわけですよ。
hitomi、BOAはまあともかく(笑)、杏里!
吉永嬢イチオし「嘘ならやさしく」(1991) にヤラレました。
吉永嬢は歌詞にも傾倒していらっしゃる御様子ですが
わたくしはアレンジがかなりツボ!
日本的に言えば、80'sシティポップス王道というのか、
こりゃアメリカのフュージョン系バックミュージシャンバリ使いでしょ!な
SMAP『007』な感じがたまらん。
そういや杏里、フュージョンギタリスト代表格の
リー・リトナーと婚約したしな。。。恐るべし。

そして「最後のサーフホリデー」(1988)
「GROOVE A GO GO」(1989) とダンサブルなお気に曲の年代を見るにつけ、
杏里グル〜ヴの真骨頂はこのあたりの年代にあると確信。
オリジナルアルバムも買わんかな、の勢いで強化月間決定しまじろう!!
「キャッツアイ」や「オリビア」だけじゃないのよ〜。

ってことで、週末さっそく新宿にてTOWER、HMV、新星堂とハシゴしたけど
予想通りこんな年代のCDはない。。。こんなとき頼りになるのは
そうです、我らがBOOK OFF。ありましたよ、○井町店にて
『CIRCUIT OF RAINBOW』(1989「GROOVE A GO GO」収録)、
『MIND CRUSIN'』(1990) それぞれ各250円(涙)。

さてその内容たるやいかに!? まて次回!!



『ANRI the BEST』(2000)
杏里(FORLIFE)



なにやってんだか。。。でも夏に合うし(笑)
他のアルバムも行きつけBOOK OFF巡ればすぐ揃いそうだし、ま、いっか。
にしても、杏里。。。hitomi、BOA とは格が違うよな、
というか私がこっち世代ということかね(とほほ)。



[PR]
←menu