c0051457_18363570.jpg

c0051457_18363615.jpg

c0051457_1836362.jpg

パブロ・ピカソが生まれ、ジェイン・ボウルズが亡くなった街。
[PR]
# by jack-hours | 2011-07-13 18:36
c0051457_23333484.jpg

c0051457_23333480.jpg

ヘルシンキでトランジット。気温18度。
[PR]
# by jack-hours | 2011-07-12 23:33
すっかり更新しないうちに2011年です。
2010年は自分でもびっくりのライブ&レコードリバイバル。
相対的に読書とランの時間は少なくなってしまい
人間には24時間しかない、という事実を思い知った感じです。

そんなマイブームを象徴するかのようなこの展覧会に行ってきました。

c0051457_23281241.jpg


サイケ、ソウル、SSWなどジャンル分けしたA面、
モノクロポートレイト、エロ(←お約束)、子供などテーマ分けしたB面と
それぞれのエリアに70~80年代のLPジャケットがずらり。
写真は隠し撮りしたモノクロポートレイトのエリア。
知っているジャケット、ありますか?

c0051457_23291676.jpg


会場のギャラリーは専門学校付属で、この学校がデザイン資料として
保存していたものをこの機会に公開したそう。
さすがにレアなものはなく王道なものがメインでしたが、
レコード好きなら心踊ることうけあい。私も2周してしまいました。
JEFFERSON AIRPLANE 『AFTER BATHING AT BAXTER’S』の
別ジャケットがあったのにはちょっとびっくりしましたが。


大好きなレコードを眺めたあとは、蒲田とくれば大好きな餃子。
久しぶりにニイハオに行きました。

c0051457_23301693.jpg


やっぱりおいしい!一皿300円とコスパも抜群。
蒲田は前の会社をやめて、1年間専門学校に通った場所。
駅がきれいになっていたりしたけど、当時を思い出してプチノスタルジーでした。

で、すっかりレコード心をそそられたところで、
レコード屋に行きたくなり、渋谷のディスクユニオンへ…。
たまたま100円レコードのセールをやっていて、ここで大ブレイク(笑)。
状態も内容も「これが100円?」て感じで、
前から気になっていたレコードも発見してしまい、一気にボルテージup。
選びに選んで6枚に笑。そのほか1000円、300円×2枚も買って、
〆て9枚で2200円て…笑。
なんかジャケット展で見たのも今なら100円レコにありそうな感じなものが多くて、
無意識のうちに触発されたのかも。
でも、100円レコードって、100円でできる最も価値あることじゃない?

c0051457_23313129.jpg


そんなこんなで、大好きなものづくしの週末。
また今年もこんな感じでお気楽道楽にすぎてゆくのでしょうが、
どうぞよろしくおねがいしますね~。


1000枚のLPジャケット展
蒲田 ギャラリー鴻
2011.1.14~2.3

[PR]
猛烈に暑かった夏も終わり、短い秋も過ぎて
冬の様相が深まってきましたが笑、
今年の夏はメキシコへ行ってきました。学生時代に訪れて、なんと18年ぶり。

出発当日の深夜に西麻布のクラブelevenでJ.A.M.のライブがあって、
事実上、私の夏の旅はここからスタート笑。
ちょうど仕事も忙しかった時期、なんとその前の日に携帯を水没させてしまったりして
機種交換などてんやわんやで帰宅。
この展開に備え、荷物はある程度準備しておいたので1時間ほど仮眠をとって
深夜12時過ぎにelevenへ。

elevenは旧イエロー。20代のころ、よく行っていた思い出の場所。
LTJブケムとか、ロラン・ガルニエとか…。帰りにかおたんラーメンを食べたり。
クローズしたときは寂しい気がしたけど、elevenとして復活したと聞き、
このブログにも書いたけどそのうち行きたいなぁと思っていたのです、年甲斐もなく。
実家にいたときは始発で1時間半かけて帰ったりして、
今思うと若かったなぁ、って感じですが、
今は歩いていける所に住んでいるのだから、人生どこでどうなるかわかりません笑。

実は身分証明書を忘れてしまい(昔はいらなかった!)
エントランスですったもんだの上、
ようやく地下のフロアに降りた途端、友人を発見。
おかげでライブまでの時間も楽しく、最前列に陣取ったライブも
臨場感あふれ最高でした。6曲40分くらいだったかなぁ。
最後、予想外のアンコールに丈青氏が「何聴きたい?」と観ている人たちに問いかけ、
ブースの松浦さん?に「おしゃれな曲!」とかいわれて
「そんな曲ないよ~」とかいいながら、「STRASBOURG」を。

ライブが終わったあとはちょっと踊ったりもしたかったけど、
後ろ髪をひかれる思いで、elevenを後に。
3~4時間睡眠でもっていよいよメキシコの旅へ… (続く)


2010/7/9 Fri
Impro6 @西麻布eleven
J.A.M. Live

[PR]
c0051457_2343016.jpg
c0051457_2345396.jpg
読書会のことを続けて書いてみます。
読書会では折に触れて本を贈る機会があります。
本を贈る、というのは普通のプレゼントに比べてちょっと難しい気がします。
相手のことをより深く知っている必要があるように思うし
そもそも本を読まない人もいるでしょうし。

最初はおととしの12月から。
クリスマスにプレゼント交換ならぬブック交換をしようよ、
という企画が始まりでした。それから機会が4回ほど。
これも備忘録として、贈った本、いただいた本を記録しておきます。
わたしはいたって真面目にいいなと思う本を選んだので笑、
このブログでも取り上げている本が多いです。
皆が用意した本はネタ的なものもあり、このあたり個性が出るのも面白いところ。
課題図書を考えるのとはまた違った面白さがあります。

2008年12月 クリスマスのブック交換(くじびきで)
贈った本:「ラブレーの息子たち」四方田犬彦(新潮社)
いただいた本:「オトコとオンナの深い穴」大田垣晴子(メディアファクトリー)
※ブックカバーなしでははばかられる表紙に、ネタかと思いきや、
 意外と真面目なジェンダー論笑。さすがのチョイス!

2009年1月 退職されたS先輩に
贈った本:「モンテ・フェルモの丘の家」ナタリア・ギンズブルグ(河出世界文学全集)
 ※これまで、ここまで本の趣味が合う人に会ったことがなかったS先輩に
  贈る本はこれしかない!という即決チョイス。

2009年12月 クリスマスのブック交換(くじびきで)
贈った本:「天馬空を行く」冥王まさ子(河出文庫)
いただいた本:「ディケンズ短編集」(岩波文庫)
       「蝿の王」ゴールディング(新潮文庫)
 ※S先輩による英文学セレクトが当たりました。ゴールディングは学生の頃に読んで、
  映画も見たなぁ。実家にも文庫があります。この機会に再読。

2010年3月 結婚されたUさんに
贈った本:「海からの贈り物」アン・モロウ・リンドバーグ(新潮文庫)
     「第七官界彷徨」尾崎翠(河出文庫)
  ※このセレクトはなかなか難しかったので、20年後と10代の頃を意識した
   2冊のチョイスにしてみました。

今年も早いもので10月。もうすぐ3回目のブック交換の季節が近づいています。
そろそろ今年はなにを贈るか考えておかないとなぁ~。

[PR]
またまたご無沙汰してしまっており…。
2010年はライブとレコードの一年です。すごいことになっています。
空白の5年間を取り戻すような勢い。
そんなわけでマラソン&読書は鳴りを潜めていますが、読書会は続けています。
すごい、継続は力なり、ですよ。てことで備忘録をアップしておきます。
参考図書は自主的に持参したり、この機会に合わせて読んだりしたもの。

第15回 09年10月「インド夜想曲」アントニオ・タブツキ 
     @市ヶ谷のインド料理屋

第16回 09年12月「1984年」ジョージ・オーウェル
     @恵比寿のアイリッシュパブ
     参考図書:「動物農場」ジョージ・オーウェル

第17回 10年1月「深い河」遠藤周作
     @四谷のインド料理屋
     参考図書:「沈黙」遠藤周作

第18回 10年2月「孤島の鬼」江戸川乱歩
     @中目黒の鶏料理屋
     参考図書:「黒猫・モルグ街の殺人」エドガー・アラン・ポー
          「江戸川乱歩短編集」

第19回 10年4月「コンセント」田口ランディ
@目黒の沖縄料理

第20回 10年5月「死神の精度」伊坂幸太郎
     @品川の小料理屋

第21回 10年6月「ジェネレーションX」ダグラス・クープランド
     @我が家ベランダにてサタデーモーニング読書会

第22回 10年7月「独白するユニバーサル横メルカトル」平山夢明
            「黒猫」エドガー・アラン・ポー
     @品川の洋食屋

我が家で開催したモーニング読書会は新機軸。
パンを買って、サラダとか卵料理など朝ごはんを用意して10時から開催しました。
メンバーの皆様、朝型です笑。
伊坂幸太郎とか今どきの作家を読んだのもなかなか新鮮でした。
次回は来週、1年ぶりに熱海のI氏邸にて開催です。

[PR]
すっごく久々に更新します。
先にも書いたようなtwitter の twitterたる所以にすっかりハマりました。
mixiもすごいと思ったけど、twitterの距離感たるや。
全然知らない人と音楽ネタで盛り上がったり、15年以上ぶりに旧友に再会したり。
140文字という絶妙の世界観に慣れてしまうと、
腰を据えて文章を書くことも読むことも、ちょっとテンポが違う感じで。。。
あとは、ライブに行きまくっている、というのもありますね。
ここ5年くらい遠ざかっていたのが信じられないくらい行ってる笑。

ということで色々な要素から音楽ウェーブが盛り上がってる2010年、
読書ペースが落ち気味なのですが。
1Q84のレビューも続きを書こうと思っていて止まったままになっていたのだけど、
BOOK3 を読んで激しくガッカリしたので、久々にレビューを書くことにしました。

BOOK3の世間的評価ってどうなんだか全然知らないけど、
c0051457_22135839.jpgわたしははっきり言って酷い、と思った。
1,2で村上春樹が自分のポピュラリティをあえて逆手にとって
挑んだようにみえた問題提起は全くなくなっていて、
何の展開も発展もない後日談がはっきり言って
だらだら続く。600ページも。
正直、途中からかなりうんざりしてきたのだけど、
もしかしたら最後になにかあるかと思って読み続けたら、
最後までなにもなかった笑。「もしかして話題になりすぎた1,2へのアンチテーゼとしてあえて駄作を提示したのか?」とか考えちゃったよ。
いや、わかりやす~いハッピーエンドで喜ぶ人もいそうですけどね。

1,2を書いた直後の村上春樹のインタビューで
「続きを書くつもりはまったくなかったけど、書き終わったら書きたくなったので
続きを書き始めた」的なことを言っていたけど、それがこれ?
村上春樹はこの作品をセンチメンタルな叙情小説にしたかったのだろうか。
個人的には村上春樹はすごく好きな作家というわけではなく
「スプートニクの恋人」でがっかりして2000年代の作品は読んでなかったのを、
読書会の課題図書になったので「1Q84 BOOK1,2」を読んで感心して
「海辺のカフカ」をさかのぼって読んだりしたので、本当にがっかりした。
またしばらく村上春樹を読まなくなりそうだ。

1,2で行われていた、自らが持っている長編作家としての「物語力」でもって
あえてポピュラリティな要素を取り入れ、文体スタイルを変えて挑み、
多くの人に届けようとしたもの、
それがこのBOOK3に帰結しているとは私は思いたくない。1,2がかわいそうだ笑。
作家自身が、そしてほかの読者がどう思っているかはわからないけど。


1Q84 BOOK3(新潮社)
村上春樹

[PR]
R先輩は基本体育会な前会社において、音楽の話で盛り上がれる
それはそれは貴重な先輩で、
お互いに会社をやめてからも年に何回はご飯を食べたり、
ライブにお誘いいただいたりでかれこれ10年以上のお付き合い。
嵐のように風の強かった夜が過ぎて、これまた嵐のあとのようにからりと晴れた休日、
そのR先輩ご夫婦の新居&スタジオにお邪魔してまいりました。

もう、建築計画を聞いている段階から、行ってみたくてたまらなかったんですけど、
行ってみたらこれがもう。心おどってしまったんですってば。

半地下のスタジオ。中にしつらえている階段上からの眺め。
c0051457_22491542.jpg


こちらはミキサールーム。
c0051457_22505060.jpg



写真がソフトフォーカスいるのはうっかり接写モードのままになっていたからです。
痛恨。。。またお邪魔した時に撮り直そう。。。
スタジオ内にはソファやCDやら雑誌やらが置いてある
コーナーもあり、演奏を聴きながらくつろぐこともできます。
あ~、ただでさえ音楽熱が再燃中なのに、ホントにバンドとか
またやりたくなっちゃうじゃないですかっ!
(あれ、中年パンクバンドは幻。。。!?)
ドラムたたいていいよ、って言っていただいたんですけどね笑、さすがに。。。汗。

ここまでできるまでには、大変なご苦労があったようなのですが、
はたからみたら本当にうっとり、憧れます。
コンクリート打ちっぱなしの外観も、開放的なリビングもステキでした。
秘伝「カレーの壺」によるおいしいカレーまでごちそうになり、
うっとりしたまま帰途に。ありがとうございました。

なんだか本当に楽器とか練習したくなるなぁ。。。
セッション大会なども行うそうで、
いつか参加させていただけるようになるのが目標かな笑。
R先輩、またぜひお邪魔させてください~!!

[PR]
もう20年来もの友達、Y嬢がいよいよ渡米するにあたり、本棚いらない?と。
片付けの始まっている部屋に本棚の寸法を測りにお邪魔したら、
好きな本を持って行っていい、と言われて古本屋にでもいるかのような
真剣チョイスぶり。私も持っている本もあったりして、やっぱり友達だなぁと。

その本棚があったかい小春日和の土曜日の午後、届きました。

c0051457_1265847.jpg


サイズぴったり。まずはもらった本を並べて、記念撮影。
レベッカ・ブラウンは私が好きそう、って薦めてもらって読むのが楽しみ。
ありがとう、大事にするね。
どんな本棚にしようか、考えるだけでワクワクします。

今までもしばらく会わなかったりしたことがあったけど、
会えばすぐ、おとついあった~!?みたいな感じになれるのが
さすが20年の重み。だから、ちょっとさみしい気もするけど、あまり心配しません。
Y嬢の新生活、応援してるよ~!
Twitterもあるしね!ビバテクノロジー!

そう、ついにtwitterはじめてしまったんですよ。
ヤバいです。意外とつぶやいてます。

[PR]
ミイラ取りがミイラになった感のDEDE MOUSE君の新譜が4月7日に出るのだけど、
c0051457_1371179.jpg
twitterで下記のツイートをみて俄然盛り上がる。


     ありがとうございます。そう言っていただくと本当に嬉しいです。
     RT @dai_onojima もう一度書くがDE DE MOUSEの新譜素晴らしいです。
     一番マジカルだったころのトッド・ラングレンみたいというか。


一番マジカルだったころのトッド・ラングレンだとぉ~。(ちなみに小野島大氏ですよ)
「A WIZARD ,A TRUE STAR」あたりとか!? どうでしょう、らび先輩?(名指し笑)
c0051457_1374957.jpg


DEDE MOUSEはトッド・ラングレンのようなポップソングではないけど、
(私的にはテレビゲーム世代のダンスミュージックという感じながら、メロウなところがツボ。
ライブはツインドラムや鍵盤^^が入ったりして、生×打ち込みのダイナミズムがたまらん。)
だからこそこういうたとえって盛り上がります。

3月26日にはSUPER DELUXEでプレリリースライブもあるし、超楽しみ~!!
今までのライブで新曲も聴いているけど、あえて試聴はしないで臨みます。
邪な気持ちなしに踊るんだい!(笑)

[PR]
←menu