c0051457_1691749.jpg

音楽とスポーツの週末第2弾。今週はまたもオールナイトイベントのあと4年振りのスノーボード。
[PR]
# by jack-hours | 2010-02-28 16:09
ここ何週間の寒い週末からうって変わって快晴の土曜。
赤羽ハーフマラソンを走ってきました。
第1回の割にはかなりの人数規模で、ここ数年のマラソンブームを感じ。

c0051457_23314978.jpg


何度も書いてますが2年半ぶりのハーフマラソンてことで、
申し込んでから週末は10km、15km、18kmと少しずつ距離を
伸ばす走りこみを(少ないながらも)一応やって参戦。
先週の18km走は結構ヘロヘロでしたが笑。

ちょうど9年前、走り始めてから1年弱で初めて走った
横田のハーフマラソンが2時間23分くらいだったので、できれば
それを超えたくないな、と思いながらスタートに。
ベストを着るか迷ったけど、日差しがしっかりあるので
思い切ってやめてみたら正解でした。走り始めたら結構暑くて。
無理せず(ていうか、できない)、でもだらっとしないように
もくもくと距離を積む感じ。なんかスタート直後から足裏がずっと痺れているような
感じでちょっと不安だったけど、翌日がライブだったので
そのことを考えて気をそらしたり笑。折り返して17kmくらいかな~
しんどいけどやっぱいいな、と思ったりしてね。
ゴール前がぬかるんでいてラストスパートできなかったのが残念だったけど、
(むしろ時間をロスした)無事ゴール。以下ラップ。

ロスタイム  2’32”
5km 34’50” (32’18”)
10km 1h07’33” (32’27”)
15km 1h40’58” (33’25”)
20km 2h15’04” (34’06”)
Finish 2h22’42” ( 6’38”)

ということで、じりじりラップを落としながらもなんとか2時間23分は切りました笑。
今の自分としてはまずまずなんじゃ!?
超苦しかった、という感じでもなかったし一応走りこんだ
甲斐があったというものです。

で、うろ覚えだった初ハーフのタイムは実際どのくらいだったんだっけ?
と家に帰ってから見てみたら、2時間23分40秒!
ベストタイムは2004年に出した1時間59分7秒なんですけどね、一応。
9年たって戻ってきて笑、結局58秒。進歩なのか退化なのか。
進歩があったようななかったよなこの9年間をまさに象徴している感じ。

でもやっぱり走るっていいな、とそれはずっと変わらない。
大した進歩がなくても、これからもずっと走るんだろうなと思います。
ハーフも半年に1度くらいは走っておきたいね、やっぱり。

翌日は筋肉痛のままスタンディングのライブ3時間コース。
こういうとこも変わんない。ほんとに進歩しないよ笑。
まあ、マラソンでつけた体力のおかげ、ということで。


2010.2.20(Sat)
赤羽ハーフマラソン

[PR]
# by jack-hours | 2010-02-25 23:35 | run/走ること
忘れないと思っても、忘れてしまうことって多くあって、
たとえば先日山手通りを走りながら
(ついに明日のハーフマラソンに向けて、それなりに真面目に走りこみしました笑)
何年か前に五反田から目黒まで山手通りを歩いて
焼き肉を食べた夜の待ち合わせ場所がどうしても思い出せなかったりする。
山手通りをただ歩いていたときのことは覚えているんだけどなあ。

このブログも色々書きたいと思ったことはあっても
なんだかんだで書いている時間がなかったりして書かずじまいだったりするし、
ここに書いたこと自体がやっぱりエポックということなんだろうな。

ということで、備忘録として。ある振替休日の24時間。

0:45PM
目覚ましをかけないで寝たら、前日までの過剰労働のせいか
目が覚めたらなんと12時45分。10時間強ノンストップで寝てしまう。

14:00PM
朝食(というか昼食)を食べた後、フランス大使館の「No Mans Land」を見に行く。
解体前の旧庁舎をトイレから物置にいたるまで、国内外のアーティストたちが
現代アート化していてかなり見ごたえあり。
平日の昼間なのに老若男女問わず混んでいるのはフランス大使館だから??

17:00PM
アートでおなかいっぱいの後は軽くパンをつまみ、着替えてジョグへ。
そろそろ帰宅モードなオフィス街をハーフマラソンに向けて1時間ばかり走る。

19:00PM
お風呂にはいって、目覚ましを20時半にセットしてひと眠り。
今日はこれからが長いのだ笑。

22:30PM
渋谷で待ち合わせてティーヌンで腹ごしらえ。
鶏肉の生姜いためご飯にしたんだけど、ティーヌンでご飯って初めてかも。

23:30PM
久々オールナイト。ライブ&J-POPで踊るイベント笑。
ライブは2時半くらいで終わって、あとはDJタイム。
まあ、古いのから新しいのから色々かかるけど、盛り上がる曲で年代がわかりますね。
正直新しい曲は全然分からなかったりするけど、
踊ってないとつまんないので昔取った杵柄とばかりに踊る踊る。
と、電気グルーヴの「シャングリラ」が! キャーッと盛り上がると
そこへアラフォーの酔っぱらいさんが突如乱入笑。やっぱり同世代だな!
そのまま若きもアラフォー(少数派)も、一体となって。いやー素晴らしい。
「ラブストーリーは突然に」とつづき、アラフォーセレクションがしばし。

04:00AM ??
そしてDJ交替して、一発目TMネットワーク「Self control」。
や、自分の好きな曲しかかけません、とかいってこのひとやっぱ同世代。
シュガーベイブ「DOWN TOWN」と続いて
いきなりレアグルーヴをかけて、えーと日本語しかダメなんで、とツッコミはいる。
で、なんだかわけわからない感じに盛り上がってきて笑。
近くにいた若者からマラカスを手渡され、延々マラカス振って踊り続けるわたし。
またDJ変わって、目の前に踊っているひとをホンキで拉致したくなりながら
最後は復活ツアーおめでとうなのか、小沢健二「Lovely」でシメ。
いや盛り上がりましたね。

07:00AM
もうすっかり明るいなか、帰宅。お風呂に入って寝る。

0:00PM
起きたら昼。
余韻がヤバい、そんな24時間目。
ダンスフロアの一体感て、夜を徹してっていうのもあると思うけど
身体に残るんだよね。。。そんな感じを久々思い出しました。
ヤバいですよこれは。


というわけで明日は2年半ぶりにハーフマラソン。もう寝ます。

[PR]
ふらっと立ち寄った某BOOK OFFにて、
買いそびれているうちに品切れになってしまった
ナタリア・ギンズブルグ「マンゾーニ家の人々」(須賀敦子訳)を発見!!
しかもちょっと意外な場所に。。。。
で、思わず興奮してしまって、つい5000円以上も散財。。。重かった。
でも、次回読書会の関連図書モーリアック「愛の砂漠」も見つけちゃったしな!
(しかし、すごいタイトル。。。)

c0051457_22393311.jpg


5冊もイッキ買いはめずらしいけど、
毎週のように買ってしまうんですよ。中毒。。。。
2月ももう10冊くらい買ったかも。
がんばって読んではいますが、
明らかに読むペースを超えてます。レビュー書くペースも。

最近CDとか本とかライブとかの散財が凄い。
まるで20代の頃のようです。
ま、目指せノーリミッター中年ということで笑。

[PR]
いきなり連続アップしますが。
最近twitterヤバいですね。人が集まるところに情報は集まるということだろうけど、
一番情報が早い。秒レベルで行きかう140文字の情報。
毎週ぴあをチェックしてればよかった頃は何とのんびりしていたんでしょう。
1日1回ネットをチェックすればよかった頃さえ隔世の感。
即時性のあるメディアがでると、ほかが手薄になるのか、HPとかmixiとか
ブログとか情報薄くなっている気がします。
それにしても系統だってないツイートを本気でフォローすると自分が疲弊しそう。
mixiもそうやって自己破綻するひととかいたけど、
たぶんtwitterもそうやって終焉していくんだろうと、
いつになるかはわからないけど、行く先は見える感。
こんだけ情報多いと、「知らなかったら縁がなかったこと」くらいに
割り切る境地でないと、ですね。気をつけよ。

てことでライブ行ってきました。(別にtwitterとは関係ない。)
最近色々ライブには行っているんですが
カヴァー曲っておもしろいですよね。元曲の魅力を再発見したり、
やっている人たちのルーツを垣間見る感じがしたり。

2010/01/28[Thu] @渋谷・7th FLOOR
「floating garden」
出演:Schroeder-Headz / air plants /

最初のair plantsはギター・バイオリン・チェロのトリオ。
オリジナル曲にボサノバやバッハの曲を交えつつ、ラストから2曲目かな。
「ではBlack dogを」というから、「あのBlack dog!?」と
思ったらそのBlack dogでした。Led zeppelinですよ。
c0051457_23174384.jpgあのHey hey man~の出だしをバイオリンで。
それまではなごやかな音楽だったけど、この曲はアグレッシブでした。
Zeppelinのあのタメはジャストな感じになっていたのはしょうがないとして
(まあ、あれはマネできないですよね)、なかなかおもしろかったです。


続いて渡辺シュンスケ氏率いるオルタナピアノトリオSchroeder-Headz。
ピアノ・ベース・ドラムのトリオで曲によって打ち込みも入ります。
Return to forever を聴いているときのような情景感があって
ずっと聴いていたくなる。
この日はRoyksopp「Eple」のカヴァーをやったんですよ。
c0051457_2311564.jpgエレクトロなフレーズをグランドピアノでやると、また違った感じで。
昔、DJ CAMがコンパイルした
70年代後半のスピリチュアルジャズをあつめたCDがあったんだけど
(ドラムンベースみたいな曲←もちろん人力、とかあってびっくりする)
そういう感じになってて、かっこよかったです。非常に。
まあ、Schroeder-Headz色になっていた、ということですけどね。
オリジナル曲ももちろんいいけど、カヴァー曲のチョイスも好きだなぁ。
早く次のライブがみたいな。

[PR]
西麻布はyellowの跡地にelevenっていうクラブがオープンするんだって!
こけら落としはFrancois K!
http://www.go-to-eleven.com/event.html

実は先日超ひっさびさにオールナイトイベントにいったのですが、
(ハウスではなくj-popで踊るという趣旨でしたが。追ってアップ予定)
まあ休みの日ということもあったけど、結構平気だったんだな~、これが。
まだいけるじゃん、私。みたいな。
人生、そういう勘違いもときには大事な気がします笑。

ということで、なんかの機会があったら行きたいと思ってます。
同じく勘違い気味なかた、ぜひご一緒しましょう。
さんざん踊って、かおたんラーメン食べたいな。

[PR]
案の定、年明けから結構モーレツに仕事してます。。。まあ、昔ほどじゃないけど。
その上ライブだ病院だと、師走よりもよっぽど忙しい1月。

ところが、ここへきてこの1年サボったツケがまわってきたのか、
正月明けから、体内地殻変動が。。。。
なんか座っているとウエストに肉がのってキモチ悪い(笑)。

思えば、今年の3月で走り始めて丸10年なんですよ。
その時走り始めた理由は、このまま年を重ねていくことへの
漠然とした危機感だったのだけど、確かにこの10年はいろんな意味で
走ることによってアイデンティファイされてきたものなんですよね、わたしにとって。

ちょうど10年の節目にその危機感が再び蘇ってきて。
これも何かの巡り合わせ、っていうかたぶん年代が大きく変わる手前の数年って
そういうことに敏感になるんだとは思うんだけど。

ということで、年末に書いた「どうもそんな感じじゃない」を撤回して
申し込みました、2月20日 赤羽ハーフマラソン。
実に2年半ぶりのハーフマラソンです。
ここ半年くらい5kmくらいの距離しか走っていないのに大丈夫だろうか。
あと1か月なんですけど。

ま、とにかくこれからぼちぼち走りこみます。行く末を見守ってください笑。
やっぱ走らんと、ですね。

[PR]
# by jack-hours | 2010-01-24 22:42 | run/走ること
あけましておめでとうございます。
2010年は三が日が土日で損した気分のお正月です。
もう明日から仕事で、しかも月~金のフル稼働。仕事納め日に衝撃の人事異動もあり
新年早々波乱含みですが、ま、なんとかなるでしょう。ていうかなんとかする。

年末、新宿タカシマヤに用事があり、ついでに久しぶりにHMVに寄ってみたんですよ。
なんだか棚がガラガラで、ちょっとやばいんじゃないの??と思ったら、
なんと1月6日で閉店とのこと。会社が近所だったころはよく通っていたので
(よく12インチのバーゲンをやっていて、激務のストレス解消に役立った笑)、
一抹の寂しさを覚えたところ、なんと新譜以外全商品30%オフだって!
で、ついCDとDVDに17,000円も散財。。。。

というわけで、年末年始は恒例の駅伝三昧+買い込んだCD&DVD大会になったので
あります。そのなかの一本がこれ。
c0051457_2374749.jpg

PIXIESの2004年の再結成年ツアーを追ったドキュメンタリー映画。
PIXIES好きだったんですよ。アルバムも全部あります。
コピーバンドをやっている若い女の子がでてくるんだけど、
私もコピーしたことあります笑。
この映画、そういうPIXIESファンはもちろんのこと、
好きなバンドが解散、という音楽好きなら大抵は経験することに
オーバーラップして響くのではないかな。

ライブ映像は少なくて、カメラはツアーのバックステージを追いながら
12年の解散期間”QUIET”を浮き彫りにする。
解散の確執。それぞれの生活と、再結成ツアー。
4人のメンバーの感情はうれしさと戸惑いが
ノイジーで微妙に不協和音な彼らの音楽のようにないまぜになっている。
えっとね、ブラック・フランシスとキム・ディールの
肥りっぷりも物語を美化しないリアリティがあって
これはPIXIESだからこそだな。
そして彼らを迎える熱狂的なオーディエンス。
そのloud とQUIETが、エコーのように共鳴する。まさにPIXIES。

そしてそれはloud とQUIETを繰り返す私たちそれぞれの人生のようでもあり。
新年にみていたら漠然とそんなことを考えてしまいました。
今年もよろしくお願いしますね。


loudQUIETloud:
a film about PIXIES
(2006)

本編未収録映像もとてもいいです。
ありがとうHMV新宿、ですね。

[PR]
# by jack-hours | 2010-01-03 23:08
2009年もあと24時間を切ってしまいました。早いですね。

今年は残念なことに、「走らなかった」1年になってしまいました。
大会もなんと、昨年に引き続き出場した7月の「24時間リレーマラソン」一本のみ。
レポートもなんやかんやでサボってしまったのですが、
でも楽しかったですよ~。今年は涼しくて、走りやすかった。

来年は復活したい、と思いながらもどうもそんな感じじゃありません。
なんでかはよくわからないけど。
でも私にとって走ることはライフワークなので、
完全にやめる、ということはないし(今も週末は走ってます)、
そういうときがきたらまたフルマラソンを走ったりすると思ってます。
まあ、のんびり行きますよ。

そのかわりに盛り上がっているのは音楽モード。
ほんとうにここ何年かのローウェーブから復活している感じ。
そういう自分のサイクルを見ていて、だからあまり心配してないのかも笑。

なんかこのくらいの歳になってくると、「自分てこうだよな」みたいなことを
分かり切っていた気がしていたのですが、いろいろ自分で自分に裏切られたような
気持ちの年の瀬です。そしてそれはそれでなかなか悪くない。(←村上春樹風)。
来年はもっともっと裏切っていきたいですね。
そんな一年になると思ってます。

ではでは、皆様よいお年を。
来年もよろしくお願いしますね~。

[PR]
# by jack-hours | 2009-12-31 01:16 | run/走ること
読むペースを上回る勢いで、本を買い続けています。
今に始まったことじゃないけど。。。
c0051457_22472992.jpg

11月から古本屋で買った本。買ったお店は以下(順不同)。

西荻窪・古書 音羽館
高円寺・古書 十五時の犬
白金・白金ブックセンター、ブックオフ白金台店
大阪・berlin books
京都・ELEPHANT FACTORY COFFEE
横浜・誠文堂
五反田・ブックオフ五反田店
中目黒・たらの芽書店
自由が丘・東京書房、ブックオフ自由が丘店

買っていない古本屋もあるから、一体何軒めぐっているんだろう。。。
でも、古本屋さんって、個性がいろいろでおもしろくてやめられません。
どっかに行く時は事前に古本屋をチェックしています。
おすすめ古本屋さん、教えてください笑。
最近はすっかり本シフトですが、レコード屋もしかり、ですね。
本とかレコードというモノ自体が好きなのでつい買っちゃうんですよね~。
買った以上は頑張って読まなければ。頑張ろう。
(しかし、11月以前に買ったものもまだかなり。。。)

[PR]
←menu